SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

大森第三中学校・大山圭湖先生の実践

 以前の記事で、東京都大田区立大森第三中学校の大山圭湖先生の実践について紹介したのですが、Internet Watchの「10代のネット利用を追う」に詳しい取材記事が載りました。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/teens/2009/05/19/23476.html
 最後の方での大山先生の「現実に、どう鮮やかに色を付けていくのかが大事」という言葉には納得です。ネットにはまってしまうのは、現実の世界がその子にとって魅力的でない、あるいはその子が現実の世界で満たされていないことの裏返しです。
 携帯やネットを「ダメ」と禁止することではなく、子ども達の現実世界を幸せなものにするのが、大人の一番の役目なのだと思います。
 記事ページの末尾に、生徒たちが作成した冊子「中学生の中学生による中学生のための携帯ネット入門」のPDFファイルへのリンクもあります。