SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

IchigoJam始めました

久しぶりの更新です。
ここ最近、子ども向けパソコン「IchigoJam」をいろいろ試しています。
公式サイトはこちら。
http://ichigojam.net/

キットなら1500円、完成品でも2000円で買えて、何とBASICが動くパソコンです。
Raspberry Piに似ていますが、電源ONですぐにBASICが動くので、子どもにはとっつきやすいと思います。


BASICの機能自体は貧弱で、昔の8ビットパソコンのように行番号付きで書きます。
コード領域も1KBしかないので、短いプログラムしか書けません。
が、1500円のキットでここまでできるのはなかなか楽しいです。
子ども向けセミナーの教材としても使えると思います。

ただ注意点としては、モニタ出力がコンポジットビデオしかないので、パソコン用のモニタは使えません。TVモニタが必要です。
私はamazonで4.3インチの車載モニタ(バックモニタなどに使われる小型TV)を2100円で購入しました。公式サイトでも紹介されているモニタです。

そのままだと表示がちらついてしまうので、IchigoJamに12MHzのクリスタルを増設して、外部クリスタル用のファームウェアを書きこんでいます。
モニタの電源として、12VのACアダプタが必要です。
以前秋月電子で買ったアダプタ(プラグは一般的な内径2.1mm・外径5.5mm)が、そのまま使えました。

キーボード端子もPS/2で、USBではないので、PS/2キーボードを用意する必要があります。
PS/2−USB変換コネクタを介してUSBキーボードをつなげる手もありますが、かなり相性があり、使えるUSBキーボードは限られます。
公式サイトに、動作確認が取れたキーボードがいくつか紹介されています。
私が試した範囲では、以下のUSBキーボードが、PS/2変換コネクタを介して使えました。

○ELECOM TK-UP84CPSV(現在は販売終了)
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-up84cp/
○GAMETECH Wii用/PS3用USBキーボード(現在品切れ中)
http://shop.gametech.co.jp/products/detail.php?product_id=148

以下のUSBキーボードは、ある程度入力はできるのですが、時々信号を拾ってくれずに文字化けしました。

○ELECOM TK-FCM005WH
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fcm005/

PS/2キーボードではこうした相性問題は起きないので、古いキーボードを探すといいでしょう。
サンワサプライやELECOMで、今でもPS/2キーボードを販売しています。実売価格は700円くらいです。

サンワサプライ SKB-L1
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=SKB-L1
○ELECOM TK-FCM008
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fcm008/

ファームウェアの書きかえや、Windowsパソコンとのデータのやり取りは、シリアル通信モジュールやケーブルが必要です。
私は秋月電子から購入したシリアル通信モジュールを使っています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/
最初はブレッドボードに差してジャンプワイヤーをつないで使っていましたが、面倒なのでユニバーサル基板にはんだ付けしてしまいました。

パソコンとのシリアル接続方法やファームウェア書きかえ方法については、IchigoJam情報サイト「イチゴジャムレシピ」が詳しいです。
http://15jamrecipe.jimdo.com/%E5%91%A8%E8%BE%BA%E6%A9%9F%E5%99%A8/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A8%E6%8E%A5%E7%B6%9A/

IchigoJamの最新情報や開発については、facebookグループ「IchigoJam-FAN」でコミュニケーションされています。
https://www.facebook.com/groups/ichigojam/