SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

IchigoDot

IchigoJamと同じIC・LPC1114と8×8ドットマトリックスLEDを組み合わせたワンキーゲーム機「IchigoDot」を組み立ててみました。

標準でデモ画面/おみくじ/連打ゲームの3種類が楽しめます。
おみくじでは最初に「凶」ばかり出て凹みました(笑)

最近ダイドーの缶コーヒーのキャンペーンで、昔のゲームのキーホルダーが付いているので、ゼビウスをゲットして付けてみました。
標準だと金属製のボールチェーンなのですが、ショートしないか不安なので、結束ストラップで付けてみました。

IchigoDotはamazonなどで販売中です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B013M1KSRI
http://www.amazon.co.jp/dp/B013M1KRYW

そしてFacebookグループでは、このIchigoDotをIchigoJamの外部モニタとして使うファームウェアが公開されています。
https://www.facebook.com/groups/ichigojam/617513181721772/

これは面白い!と思って、いろいろ表示を試しています。詳しくは後ほど。

10/15追記

FacebookIchigojam-FANグループでも話題になったのですが、IchigoDotでいろいろ工作する上で、回路図が公開されておらず不便なので、Bsch3Vで回路図を書いてみました。
なお、LPC1114は基板の裏側からはんだ付けするため、ピン配置を反転して書いています。