SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

PK戦ボード

IchigoJamでサッカーのPK戦が遊べる拡張基板です。

プレイ動画はこちら。

左か右か、蹴る方向をボタンで選択。キーパーの逆を突いてゴールが決まると、下の7セグメントLEDに得点が表示されます。


部品表


基板データ

*この基板ガーバーデータは、CC BYライセンスとします。どうぞご利用ください。

(C) 2018 Shiro Saito (http://d.hatena.ne.jp/shiro0922/)

このファイルをそのままFusion PCBで登録すれば、基板を発注できます。
基板寸法は40×60mmです。

プログラムリスト

通常版
10 '*PK
20 CLV
30 LET [0],`0111111,`0000110,`1011011,`1001111,`1100110,`1101101,`1111101,`0100111,`1111111,`1101111
40 @START
50 FOR I=1 TO 11
60 OUT I,0
70 NEXT
80 BEEP 10,30
90 FOR I=1 TO 6
100 OUT I,1
110 WAIT 5
120 OUT I,0
130 NEXT
140 OUT [G%10]
150 WAIT 30
160 D=0
170 @INBTN
180 OUT 8+D,1
190 CLT
200 @INLOOP
210 IF BTN()=1 THEN GOTO @SHOOT
220 IF TICK()<60 THEN GOTO @INLOOP
230 OUT 8+D,0
240 D=1-D
250 GOTO @INBTN
260 @SHOOT
270 BEEP
280 WAIT 30
290 SRND ANA(2)+TICK()
300 R=RND(2)
310 OUT 10+R,1
320 WAIT 30
330 IF D<>R THEN G=G+1:GOTO @START
340 BEEP 30,60
350 WAIT 60
360 @REPLAY
370 IF BTN()=0 THEN GOTO @REPLAY
380 RUN
パワーキック版

上の通常版は単に確率50%のくじ引きなので、アクション要素を取り入れてみました。
左右のシュートコースを選択する時にボタンを押しっぱなしにすると、7セグメントLEDがパワーゲージになって、0〜9で高速に変化します。パワーがたまった所でボタンを離すと、シュートパワーが上がってキーパーを破る確率が上がります。(かめはめ波方式 笑)
ただし最大パワーの「9」で蹴っても、キーパーに読まれて止められてしまうこともあります。

10 '*PK Power
20 CLV
30 LET [0],`0111111,`0000110,`1011011,`1001111,`1100110,`1101101,`1111101,`0100111,`1111111,`1101111
40 '@START
50 FOR I=1 TO 11
60 OUT I,0
70 NEXT
80 BEEP 10,30
90 FOR I=1 TO 6
100 OUT I,1
110 WAIT 5
120 OUT I,0
130 NEXT
140 OUT [G%10]
150 WAIT 30
160 P=0
170 D=0
180 '@INBTN
190 OUT 8+D,1
200 CLT
210 '@INLOOP
220 IF BTN()=1 THEN GOTO 270
230 IF TICK()<60 THEN GOTO 210
240 OUT 8+D,0
250 D=1-D
260 GOTO 180
270 '@POWER
280 OUT [P]+128<<D
290 BEEP 30-P*2,1
300 WAIT 5
310 IF BTN()=0 THEN GOTO 350
320 P=P+1
330 IF P>9 THEN P=0
340 GOTO 270
350 '@SHOOT
360 BEEP
370 WAIT 30
380 SRND ANA(2)+TICK()
390 R=RND(2)
400 IF RND(13)<P THEN R=1-D
410 OUT 10+R,1
420 WAIT 30
430 IF D<>R THEN G=G+1:GOTO 40
440 BEEP 30,60
450 WAIT 60
460 OUT [G]
470 '@REPLAY
480 IF BTN()=0 THEN GOTO 470
490 RUN

プログラム次第で、下の7セグメントLEDだけ使ってサイコロやルーレットもできます。