SHIROのIchigoJam日記

マイコン「IchigoJam」(イチゴジャム)の電子工作とプログラミングをメインに

tempeX-U

PCN公式キットの温度センサー付きモーターボード「tempeX」。
hello002.stores.jp

私も過去に工作教室で使いましたが、モーターの電気ノイズを拾ってIchigoJamが暴走してしまうことがありました。
また、端子の向きなどがIchigoDake+IchigoDyhook環境を想定しておらず、使いにくいです。
そこで、改良版の「tempeX-U」基板を作ってみました。

f:id:shiro0922:20210208140621j:plain

f:id:shiro0922:20210208140636j:plain

温度センサーが付いているので、「温度が上がったらモーターを回す」といった制御ができます。
モーターをIchigoDakeに近づけると、IchigoDakeがノイズを拾って動作がおかしくなりますが、離しておけば問題ありません。
小学校6年理科「電気の効率的な利用」、中学校技術科「計測と制御」のプログラミング教材としても使えると思います。

回路図

f:id:shiro0922:20210208142227p:plain
OUT2ポートでモーターのスイッチング、IN2ポート(ANA2)で温度センサーの読み取りをしています。(オリジナルのtempeXと同じなので、プログラムも流用できます)
モーター駆動回路はフォトカプラで接続、GNDを共用しない、コンデンサを挟むなどして、モーターのノイズをできるだけ拾わないようにしています。

基板データ

f:id:shiro0922:20210208142455p:plain

*同じ基板を2枚配置しています。
*この基板データは、CC BYライセンスとします。どうぞご利用ください。

(C) 2021 Shiro Saito (https://www.ichigojaman.jp)

プログラム例

温度センサーを指で挟んで温めるとモーターが回ります。

10 A=ANA(2):?A
20 IF A>240 OUT 2,1 ELSE OUT 2,0
30 GOTO 10