SHIROのIchigoJam日記

マイコン「IchigoJam」(イチゴジャム)の電子工作とプログラミングをメインに

ビンゴマシンミニ

IchigoJam組み込みのビンゴマシン、ミニサイズ版です。
動画はこちら。

www.youtube.com


ボタンを押すと、7セグメントLEDで1~75までの数字をランダムに表示します。


電源は裏面の単4電池×3本です。


基板の上半分は7セグメントLED表示部、下半分はIchigoJam S互換機です。


モニタとキーボードをつなげれば、通常のIchigoJamとしてプログラミングできます。

操作方法

  • 電源をONしてしばらくすると「00」表示になります。
  • ボタンを短く押すとシュートして、1~75のどれかの数字が出ます。一度出た数字はもう出ません。
  • ボタンを1秒間長押しするとレビューモードになります。これまで出た数字が1つずつ表示されます。表示し終わると「00」表示に戻ります。ボタンを押してシュートを続けてください。

回路図


基本的にはIchigoJam Sの互換機です。10Pのピンソケットでファームウェア書き換えやプログラム転送を行います。
OUT1~OUT8の出力を、デコーダーIC・74HC4511で7セグメント用の出力へ変換して、数字を表示しています。
OUT8まで使っているので、ハードウェアとしては0~99の数字を表示できます。

基板データ

*いわゆる「B基板」のサイズで作っています。B基板用のケースやパネルが使えます。
*この基板データは、CC BYライセンスとします。どうぞご利用ください。

(C) 2022 Shiro Saito (https://www.ichigoaman.jp)

材料

だいたい以下の順番ではんだ付けすると作りやすいです。

↑ここまで付けると、ファームウェア書き込みができます↑

プログラム

以前のビンゴマシンと同じプログラムを動かしています。

10 @ARUN:'*IchigoBingo
20 CLV:CLO:OUT 8,0
30 @SHOOT
40 IF !BTN() GOTO @SHOOT
50 IF !S SRND ANA(2)+TICK()
60 CLT
70 @PUSH
80 IF TICK()>60 GSB @REVIEW:GOTO @SHOOT
90 IF BTN() GOTO @PUSH
100 W=5:FOR I=1 TO 10:GSB @SHT1:NEXT
110 W=20:FOR I=1 TO 5:GSB @SHT1:NEXT
120 [N]=1:S=S+1
130 IF S<75 GOTO @SHOOT
140 END
150 @SHT1
160 N=RND(75)+1
170 IF [N] GOTO @SHT1
180 BEEP 10,2
190 OUT N/10*16+N%10
200 WAIT W
210 RTN
220 @REVIEW
230 N=0
240 @REVLOOP
250 P=1:N=N+1
260 IF N>75 BEEP 30,30:WAIT 60:OUT 0:RTN
270 IF ![N] GOTO @REVLOOP
280 BEEP 30,2
290 OUT N/10*16+N%10
300 @REV1
310 IF !BTN() P=0
320 IF BTN() && P=0 GOTO @REVLOOP
330 GOTO @REV1

ビンゴマシンPCB

以前ユニバーサル基板で作ったビンゴマシン
www.ichigojaman.jp
を改良して、プリント基板でリメイクしました。
動画はこちら。

www.youtube.com


基本的にはIchigoJam Sの互換機で、BASICプログラムでビンゴマシンを実現しています。

操作方法

  • 電源をONしてしばらくすると「00」表示になります。
  • ボタンを短く押すとシュートして、1~75のどれかの数字が出ます。一度出た数字はもう出ません。
  • ボタンを1秒間長押しするとレビューモードになります。これまで出た数字が1つずつ表示されます。表示し終わると「00」表示に戻ります。ボタンを押してシュートを続けてください。

回路図


基本的にはIchigoJam Sの互換機です。10Pのピンソケットでファームウェア書き換えやプログラム転送を行います。
OUT1~OUT8の出力を、デコーダーIC・74HC4511で7セグメント用の出力へ変換。トランジスタアレイ・ULN2803を介して、大型7セグメントLEDを光らせています。

基板データ

*いわゆる「A基板」のサイズで作っています。A基板用のケースやパネルが使えます。
*サイズが100mmを越えているので、基板製作費用がかかります。発注する際はご注意ください。
*この基板データは、CC BYライセンスとします。どうぞご利用ください。

(C) 2022 Shiro Saito (https://www.ichigoaman.jp)

材料

だいたい以下の順番ではんだ付けすると作りやすいです。

↑ここまで付けると、ファームウェア書き込みができます↑

以下はオプションですが、パネルを付けるとかっこいいです。

プログラム

基本的に以前のビンゴマシンと同じです。

10 @ARUN:'*IchigoBingo
20 CLV:CLO:OUT 8,0
30 @SHOOT
40 IF !BTN() GOTO @SHOOT
50 IF !S SRND ANA(2)+TICK()
60 CLT
70 @PUSH
80 IF TICK()>60 GSB @REVIEW:GOTO @SHOOT
90 IF BTN() GOTO @PUSH
100 W=5:FOR I=1 TO 10:GSB @SHT1:NEXT
110 W=20:FOR I=1 TO 5:GSB @SHT1:NEXT
120 [N]=1:S=S+1
130 IF S<75 GOTO @SHOOT
140 END
150 @SHT1
160 N=RND(75)+1
170 IF [N] GOTO @SHT1
180 BEEP 10,2
190 OUT N/10*16+N%10
200 WAIT W
210 RTN
220 @REVIEW
230 N=0
240 @REVLOOP
250 P=1:N=N+1
260 IF N>75 BEEP 30,30:WAIT 60:OUT 0:RTN
270 IF ![N] GOTO @REVLOOP
280 BEEP 30,2
290 OUT N/10*16+N%10
300 @REV1
310 IF !BTN() P=0
320 IF BTN() && P=0 GOTO @REVLOOP
330 GOTO @REV1

USB3シリアル基板

IchigoJamとパソコンをUSB3ケーブル(Type-C)でつないで、シリアル通信・プログラム転送や、ファームウェア書き換えをするUSBシリアルモジュール基板です。
市販のUSBシリアルモジュールでももちろんできますが、この基板はIchigoJam専用なので手軽につなぐことができます。
CH340チップ搭載の安価なUSBシリアルモジュールを使っています。
ISPスライドスイッチは以下のように切り替えます。

ボード シリアル通信時 ファームウェア書き換え時
IchigoJam S以前 R<(VCC) >S(GND)
IchigoJam R >S(GND) <R(VCC)

Resetボタンを押すとリセットがかかります。


IchigoJamのCN3とCN5に差します。
L型ピンヘッダをCN3のみに差す方法もあります。

回路図

基板データ

*同じ基板を6枚割り付けています。
*この基板データは、CC BYライセンスとします。どうぞご利用ください。

(C) 2022 Shiro Saito (https://www.ichigoaman.jp)