SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

クマのかわくだり

IchigoJam Advent Calendar 2017へのエントリー作品です。

先日工作した、くまモン形IchigoJam「Kumajam」
何とかこれを活かしたものを作れないか?と考えて、有機EL画面を載せてみました。

本家IchigoJam Tと同じく、Kumajamにも5ピンのCN5ソケットが付いています。
ただしピン配置が上下逆になっていて、上がGND、下が5Vになっています。
国野さんが紹介している有機ELモジュールを装着すると、外向きに張り出します。

この状態で、国野さんのサイトにある縦表示ライブラリを使うと、表示が上下逆になります。
Kumajamを上下逆に持って、2つのボタンを左右の親指で操作すると、ちょうど良いです。

この環境に対応した、おなじみの「かわくだりゲーム」を作ってみました。
有機EL表示に時間がかかるため、本家のかわくだりよりスピードは遅めです。

  • 左右のボタンで自分のキャラを動かして、下から来る岩を避けてください。
  • 岩に当たるとゲームオーバーになり、下ったタイム(秒数)を表示します。左ボタン(SW2)を押すとリプレイします。

10 '*Kuma no Kawakudari
20 CLS:GSB 800:X=3
30 IF BTN() CONT ELSE CLT
40 LC X,3:?"O"
50 SCROLL 0:LC RND(10),15:?"*":GSB 900
60 L=BTN():R=!IN(1)
70 X=X-L*(0
※60行目を
60 L=BTN(28):R=BTN(29)
に変更すれば、通常のIchigoJam Tボード+有機ELの環境でも遊べます。キーボードの←→キーで操作できます。画面表示が小さいのを我慢すれば、通常のモニタ環境でも遊べます。