SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

AR Toolkitでカードバトル

 12月12日〜13日に情報センターのクリスマスイベント「St. Media Xmas 2009」がありました。
 私が事務局をしている十勇士クラブでは、昨年に引き続きAR Toolkitを使ったカードスタンプラリー「XwARs(クリスマスウォーズ)カードバトル」を出しました。
 動作の様子をちょっと紹介します。

 3種類のカードを作りました。モンスターのイラストの周りに黒い枠をつけて、マーカーにしています。

 スタンプラリーのゴールで、カメラの前にカードを出すと、モンスターが出現します。

 2枚のカードをカメラの前に出すと、自動的にバトルモードになります。
 勝ち負け判定をして、負けた方のモンスターは消滅します。
 直接モンスターが出現してバトルできるということで、子どもたちにウケました。
 本当は3DCGでモンスターが出現すればかっこいいのですが、そこまで作れなかったので、2Dの板状です。
 グラフィック出現・勝負判定のプログラムは、AR本のサンプルを改造して作りました。
 なお、カードバトルのデモ動画を作りましたので、よかったら見てみてください。