SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

IchigoIgaiZenbu


キーボード・モニタ一体型IchigoJamの2号機です。
以前作った1号機と同じく、ELECOMのキーボードのテンキー部分をくり抜いて仕込みました。


今回は液晶モニタユニットと、IchigoIgai基板を組み込んでみました。
IchigoIgaiの幅はテンキーにピッタリです(笑)
USB端子を上向きに立てて付けるなど、いろいろ改造しています。


IchigoDakeを差せば、BASIC環境。


IchigoDakeLatteを差せば、JavaScript環境。


IchigoDakeModokiを差せば、4K拡張版BASIC環境になります。
(画面はIchigoTrek-4K。Web版はこちら

これで、いつでもどこでも好きな環境でプログラミングができます(^_^)v

余談ですが、前作の経験と、IchigoIgai基板を使ったこともあって、工作はだいぶ楽になりました。
ただ、液晶ユニットが電源5Vでも動く当たり品だったのですが、変な癖があって、IchigoIgai基板経由で電源を取ると動きませんでした。
そのため、USB電源を液晶ユニット→IchigoIgaiへ回しています。IchigoIgaiのスイッチがOFFでも液晶ユニットは通電状態なので、バッテリ側のスイッチを切らないと電力を消費してしまいます。

追記

IchigonQuestの1.0.0α版が出たので、さっそくテスト。
すぐに差し替えて試せるのが便利です(^_^)