SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

USBシリアル変換基板

※この記事は「IchigoJam Advent Calendar 2018」にエントリーしています。

PCからIchigoJamへプログラムを転送するのに、USBシリアルモジュールがよく使われます。「イチゴジャムレシピ」の情報ページはこちら。
USB-シリアル - イチゴジャム レシピ

私もこれまでいろいろ使ってきました。IchigoJamとなるべく簡単に接続したいので、ユニバーサル基板で変換基板を作ったり。
f:id:shiro0922:20181213051429j:plain
もっと小型のモジュール
FT232RQ USBシリアル変換キット: 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
と、aitendoの変換基板
ジャムISP書き込み変換基板 - aitendo
を使って、こんなものも作りました。
f:id:shiro0922:20181213051521j:plain
ところがこれ、シリアル通信は問題無いのですが、中央のジャンパーを繋いで3.3V電源も供給しようとすると、IchigoJamが起動しません(^_^;) どうやら供給電力不足の様子。

それを解決するために、変換プリント基板を新たに作ってみました。
使うUSBシリアルモジュールは、秋月電子で売っているFT-231X。
akizukidenshi.com
過去に、
www.ichigojaman.jp
www.ichigojaman.jp
などで組み込みに使っていて、かなりの供給電力があることは実証済み。

あらたに設計した変換プリント基板はこんな感じです。
f:id:shiro0922:20181213054222p:plain

f:id:shiro0922:20181214002251p:plain
基板を組み立てた様子。
f:id:shiro0922:20181214001057j:plain
コマンド・プログラム転送やファームウェア書き換えも、無事にできました。

基板データ

*この基板ガーバーデータは、CC BYライセンスとします。どうぞご利用ください。

(C) 2018 Shiro Saito (https://www.ichigojaman.jp)