SHIROのIchigoJam日記

IchigoJamの電子工作とプログラミングをメインに

携帯の機種変更でのやり取り

 先の記事に書いたように、携帯を機種変更してBiblioにしました。その時の店でのやり取りを書いてみます。
 前回の機種変更から2年半ほど経過していて、新しい料金プランになってから初めての更新でした。ちなみにau直営ショップです。

一括で購入すると、さすがに「高い」印象

 購入方法を聞かれて、どうせ払う総額は同じだと思って「最初に一括で」とお願いしたら、\56,000を請求されました。
 前回は\25,000ほどで機種変更できたので、さすがに「高いなあ」という印象です。今は5万円出せばネットブックが買えてしまう時代ですし。
 ちなみにauショップに行く前に某ヤ○ダ電器へ行ったのですが、そこではフルサポートコース(2年縛り+月々分割)を使った2万数千円の値札が付いていました。店によっては初期支払額の(安いコースの)値札しか付けていないので、注意が必要です。

基本料金が下がった

 料金の詳細説明を聞くと、月々の基本料金が、一番安いSSプランで\1,980→\980に下がっていました。
 逆に言えば、今までは月々\1,000ずつ端末の代金が上乗せされていた、ということです。
 2年使えば\24,000、3年使えば\36,000です。
 そう考えれば、上記の\56,000の一括請求額も、今後2〜3年使うと思えば今までと総額は変わらないことになります。と言うか、そのくらい使わないと損します。

サービス加入の勧誘、個人情報

 そして、「こちらのサービスに同時加入すると\3,000安くなります」と、「Run&Walk」(スポーツ・ダイエット)などの付加サービス加入を勧められました。
 しかし、それぞれ月\105〜\315の利用料がかかること、そして何よりも「この人はスポーツやダイエットに興味がある」といった個人の嗜好情報を利用されてしまうことが嫌なので、丁重にお断りしました。

「\3,000高くなってしまいますが、いいんですか?」
「いいです」
「翌月に解約してもいいんですよ?」
「いいです」

 窓口のお姉さんに「私達にも個人情報を守る権利があります。お金の問題ではありません!」とよっぽど説教しようかと思ったんですが、やめておきました(笑)
 ただ、そのショップの会員サービスには「どうせ契約書で個人情報は取られてるしな」と思って加入しました(それで\3,000割引)。DMが毎月送られてくるようですが、恐らく読まないで全部捨てるでしょう。環境には良くないですが…
 …という訳で、皆さんの参考になれば嬉しいです。